• こもだ

無料アプリの注意点


スマホ・タブレットの利用者にとっては、アプリは無料が当たり前の世の中となっていますが、時々たちの悪いアプリに出くわすことがありますので、無料アプリの注意点について少しお話します。

たちの悪いアプリには大きく幾つかの種類があるのですが、今回お話するのは「広告で警告を発するアプリ」です。

ここ何回かシニア向けの講習会で同じような質問を受けました。

「この警告という表示がずっと出てくるんですけど何なんでしょうか?」

「スピードが遅くなっているという表示が出てくるんですけど、何が問題なんでしょうか?」

確認したところ、いずれも無料アプリの広告が勝手に、そして大げさに発信する警告でした。

パッと見た感じでは広告とは思えず、一瞬ドキリとしてしまいます。

「警告!この端末はウイルス感染しています」とか、「スマートフォンのスピードが遅くなっています」といった警告が多いようです。

これら無料アプリの広告として表示される警告は何を目的としているかというと、利用者を騙して広告料を稼ぐ事を目的としています。

まず警告で驚かせる→そして広告をクリックさせる→広告をクリックすると何かしらのアプリのインストールを促す

→アプリをインストールさせてアフィリエイトと呼ばれる広告手数料を稼ぐ

これらの手口は元々アプリの広告ではなく、インターネット上のウェブサイトでよく見られるものでしたが、最近はその活動範囲をアプリにまで拡大しているようです。

このような警告が突然出てきた場合は、無視してアプリを速やかに削除しましょう。

場合によっては、アプリを閉じる事が出来ない可能性もあります。その場合は、一旦スマホ、タブレットを再起動してみて下さい。

無料のアプリには広告がつきものですが、その広告を利用した罠が潜んでいますので、くれぐれもご注意下さい。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スマホの買い替えでの注意

先日いくつかの講習でスマホの買い替えに関する話をしたところ、意外と反響が大きく様々な相談を受けました。で、気になった話が2つ。 一つは、iPhoneユーザーのある方が大手通信会社(ドコモ、au、ソフトバンク)の窓口で買い替えを相談したところ、Googleの最新Androidスマホ「Pixel 3」を勧められたという話。 本人が新しいiPhoneへの買い替えを希望しているのに、操作性も異なり運用面で

iPhoneの下取り価格について

先日新しいiPhone 8が出て、間もなく新型のiPhone X(テン)が発売されます。 これを受けて新たなiPhone 8/iPhone Xに機種を変更しようと考えている方も多いと思います。 そこでご注意頂きたいのが、「スマホの下取り価格」です。 ここで言う「下取り」とは、現在利用している電話会社による「引き取り」です。 この「下取り=引き取り価格」ですが、NTTドコモ、au、ソフトバンク、各社

データ通信は1GB(1ギガ)で十分の訳

データ通信の契約は通信会社によって様々なプランがあります。 最近は月1GB(ギガバイト)で600円程度が相場でしょうか。月3GBで平均1000円以下という感じです。 これは格安SIM/格安スマホの相場なので、ドコモ、au、ソフトバンクに行くと、データ通信の契約料はもう少し割高になります。 シニアの方の多くはデータ通信料の契約について正しい知識が無く、通信会社に言われるがままに契約しているようですが