• こもだ

データ通信は1GB(1ギガ)で十分の訳


データ通信の契約は通信会社によって様々なプランがあります。

最近は月1GB(ギガバイト)で600円程度が相場でしょうか。月3GBで平均1000円以下という感じです。

これは格安SIM/格安スマホの相場なので、ドコモ、au、ソフトバンクに行くと、データ通信の契約料はもう少し割高になります。

シニアの方の多くはデータ通信料の契約について正しい知識が無く、通信会社に言われるがままに契約しているようですが、それはあまりよろしくありません。毎月無駄なお金を払ってしまう事になります。通信会社の思うツボです。

スマホ販売店の店員にスマホ初心者だと言うと、「では月3GBで十分ですね」と月3GB程度の契約を勧められる事が多いようですが、私達は日頃「シニアの皆様は月1GBで十分」とお話しています。

データ通信料とは文字通りデータ通信にかかる料金ですが、使った分だけ請求される訳ではなく、あらかじめ自分でどの程度データ通信を行うか考えて、それに応じた契約プランを選ばなければなりません。しかし、シニアの方の大半は、「自分がどの程度のデータ通信を行うか」が分からず、店員の言いなりになってしまう訳です。

以下にデータ通信量1GBで何ができるか?一般的な目安を示します。

・インターネットでウェブサイトを見る 1GBでヤフージャパンのTOPページを約3400回表示可能

・LINEなどのアプリを使って無料通話する 1GBで約50時間通話可能

・Youtubeなどインターネット上の動画/ビデオを見る 1GBで約50分視聴可能

ご覧のように1GBのデータ通信量でかなり事ができるのが分かります。

注意したいのは動画/ビデオの視聴です。動画/ビデオの視聴は、ウェブサイトを見たり、通話したりするよりも圧倒的に消費するデータ通信量が多いのです。

テレビのCMでは月20GBのギガモンスターだの、月50GBのウルトラギガモンスターだの連呼していますが、数十GBものデータ通信は、スマホで頻繁に動画を見る人以外は必要ありません。

という事で、スマホで動画やビデオを見ない方であれば、データ通信の契約は月1GBで十分です。


51回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スマホの買い替えでの注意

先日いくつかの講習でスマホの買い替えに関する話をしたところ、意外と反響が大きく様々な相談を受けました。で、気になった話が2つ。 一つは、iPhoneユーザーのある方が大手通信会社(ドコモ、au、ソフトバンク)の窓口で買い替えを相談したところ、Googleの最新Androidスマホ「Pixel 3」を勧められたという話。 本人が新しいiPhoneへの買い替えを希望しているのに、操作性も異なり運用面で

iPhoneの下取り価格について

先日新しいiPhone 8が出て、間もなく新型のiPhone X(テン)が発売されます。 これを受けて新たなiPhone 8/iPhone Xに機種を変更しようと考えている方も多いと思います。 そこでご注意頂きたいのが、「スマホの下取り価格」です。 ここで言う「下取り」とは、現在利用している電話会社による「引き取り」です。 この「下取り=引き取り価格」ですが、NTTドコモ、au、ソフトバンク、各社

スマホの契約には注意が必要~総務省が大手3社に行政指導

少し前の日本経済新聞に下記の記事が掲載されていました。 携帯大手3社に行政指導へ 料金プラン説明不十分 (6/22) 要約すると、総務省が携帯大手3社の販売店で各社100回、合計で約300回の覆面調査を実施したところ、半分以上のケースで契約期間の縛りがない料金プランを紹介していなかったり、自動更新の仕組みが適切に説明されていなかったり、解約時の費用の説明が十分でなかったとの事。 これらは私達が常日