• こもだ

音声入力で空白(スペース)を入力するには?

昨日、さいわい老人福祉プラザのスマホ講習に行ってきました。

テーマは「インターネット検索」で、様々な検索手法について話をしてきました。

その中で検索手法の基本として、複数のキーワードを組み合わせた検索する時はキーワードの間に空白(スペース)を入れて検索して下さいと説明しました。



講座では合わせて音声入力の方が楽なので、なるべく声で入力しましょうと話をしたのですが、とある参加者から素晴らしい質問がありました。


「音声入力で空白を入れたい時はどうすればいいのか??」


確かに、それは知らなかった。


早速その場で検索すると、「タブキー」と発声すると空白(スペース)が入力されると分かりました。そこで、Google検索で音声入力をためしたところ、タブキーと発しても「歌舞伎」と間違われて認識されたり、普通に「タブキー」と入力されたりと、うまくいきません。


そこで、空白の入力を意識せず、普通に2つのキーワードを続けて音声入力してみたところ、うまくキーワードを組み合わせた検索が出来ました。


音声入力で検索する場合は、特に空白を意識する必要はないということですね。ちょっとした事ですが勉強になりました。


ちなみに、音声入力でメッセージを書いたりする場合は、「タブキー」と発声すればちゃんと空白が入力されます。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は有料講座でiPhoneのアクセシビリティ機能について話をしてきました。 視覚、聴覚など障害を持つ方向けに用意される機能ですが、一般ユーザーにとっても便利な機能が幾つかあります。 今日お話したのは「読み上げ機能」と「ズーム機能」の2つ。 「読み上げ機能」を使うとスマホ上に表示される様々なコンテンツをiPhoneが音声で読み上げてくれます。メール/LINEの文章やニュース記事、ウェブサイト上の様