• こもだ

スマホの買い替えでの注意


先日いくつかの講習でスマホの買い替えに関する話をしたところ、意外と反響が大きく様々な相談を受けました。で、気になった話が2つ。

一つは、iPhoneユーザーのある方が大手通信会社(ドコモ、au、ソフトバンク)の窓口で買い替えを相談したところ、Googleの最新Androidスマホ「Pixel 3」を勧められたという話。

本人が新しいiPhoneへの買い替えを希望しているのに、操作性も異なり運用面でもデータ移行など手間のかかるAndroidスマホを勧めるというのは、基本的にありえない話だなと思いました。もちろん、その方には「Pixel 3」はやめた方がいいと伝えました。

店員の知識が浅いという話ではなく、このケースは単なる押し売りに見えます。お客の都合はお構いなしで店の都合で売りたいものを売りつける。あってはならない行為だと思います。

もう一つは、AndroidユーザーがiPhoneへの買い替えを相談しに大手通信会社(ドコモ、au、ソフトバンク)の窓口へ行ったところ、一番のおすすめとして「iPhone XR」を提案されたという話。

一番売れていない「iPhone XR」を売りたいのでしょうが、現時点では一番オススメできないです。

更にひどい事に、買い替え後の料金を見積もってもらったところ、月12,000円弱の支払いになると言われたそうです。内容を確認してみるとやはり高齢者には不要と思える50GBのデータ通信プランになっていました。

いずれのケースもご本人が賢く、一旦持ち帰って考えるという選択をしたので、買い替えの失敗を免れる事ができたのですが、普通の方々は基本的に店員の言うことを信じ、知らないうちに間違った選択をしてしまうのが殆どではないでしょうか?

買い替えの選択は人それぞれですが、今回のケースについてアドバイスすると以下のような感じです。

・iPhoneユーザーはよほどの理由がない限りiPhoneに買い替えた方が無難

・2019年3月時点でiPhoneに買い替えるなら、中途半端なiPhone XRは避ける

 オススメはiPhone 8で通信会社乗り換えでドコモと契約すると機種代なんと1万円と

 超お得

・店員の勧める機種や料金プランは基本的に疑うべき

 やたら勧める機種は売れていないまたは売ると利益の多い機種

 機種代込みで月の支払いが1万円以上と言われたら何か罠があるので要注意

スマホを買い換える際には、その場で決めてしまわず一度持ち帰る。そして身近な人に相談する。騙されないためにはこれがとても大事です。

#データ通信 #iPhone #Android #買い替え

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

iPhoneの下取り価格について

先日新しいiPhone 8が出て、間もなく新型のiPhone X(テン)が発売されます。 これを受けて新たなiPhone 8/iPhone Xに機種を変更しようと考えている方も多いと思います。 そこでご注意頂きたいのが、「スマホの下取り価格」です。 ここで言う「下取り」とは、現在利用している電話会社による「引き取り」です。 この「下取り=引き取り価格」ですが、NTTドコモ、au、ソフトバンク、各社

データ通信は1GB(1ギガ)で十分の訳

データ通信の契約は通信会社によって様々なプランがあります。 最近は月1GB(ギガバイト)で600円程度が相場でしょうか。月3GBで平均1000円以下という感じです。 これは格安SIM/格安スマホの相場なので、ドコモ、au、ソフトバンクに行くと、データ通信の契約料はもう少し割高になります。 シニアの方の多くはデータ通信料の契約について正しい知識が無く、通信会社に言われるがままに契約しているようですが

スマホの契約には注意が必要~総務省が大手3社に行政指導

少し前の日本経済新聞に下記の記事が掲載されていました。 携帯大手3社に行政指導へ 料金プラン説明不十分 (6/22) 要約すると、総務省が携帯大手3社の販売店で各社100回、合計で約300回の覆面調査を実施したところ、半分以上のケースで契約期間の縛りがない料金プランを紹介していなかったり、自動更新の仕組みが適切に説明されていなかったり、解約時の費用の説明が十分でなかったとの事。 これらは私達が常日