• みなみむら

宮前市民館 市民エンパワーメント研修

こちらでの講習会、私の担当3回の最終回でした。





今回の講習会に参加された方は、今後、スマホ相談会を開催して教える側にまわることになります。

相談会への参加は予約制で既に募集はされていて、ほとんど埋まっているそうです。

どの地域でも、スマホで分からないことを抱えている人(特にシニア)は大勢いるということでしょう。




教える側の人が増えるのは良いことです。

教える側は、

「質問に完璧に応えないといけない」

と考えていると、敷居が高くなるのですが、

「その場で一緒に考えて問題解決する」

という姿勢なら、むしろ同世代でワイワイやるほうが良いかもしれませんね。


教える側をやってみると、教えることの苦労が分かるようになります。

そうすると、そのひとが今度は教えてもらう側になったとき(スマホの話でもそれ以外の話でも)、教えてもらうのがうまくなります。話をどうもっていけば相手が答えやすいか、が分かるからです。 そういう意味でも、教えることが一番の勉強になりますね。





閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は有料講座でiPhoneのアクセシビリティ機能について話をしてきました。 視覚、聴覚など障害を持つ方向けに用意される機能ですが、一般ユーザーにとっても便利な機能が幾つかあります。 今日お話したのは「読み上げ機能」と「ズーム機能」の2つ。 「読み上げ機能」を使うとスマホ上に表示される様々なコンテンツをiPhoneが音声で読み上げてくれます。メール/LINEの文章やニュース記事、ウェブサイト上の様