• みなみむら

スマホ購入手続きには細心の注意が必要

更新日:11月5日

講習会参加者のおひとりから伺った、数年まえの話。


・某有名ケータイショップに朝イチでひとりで出かけたとのこと。

・お店では店員さんがまだひとり。

・iPhoneを新規購入。

・10万ほどしたが本体を一括購入。

・約1年後、本体を一括購入したにもかかわらず、本体料金の分割支払いが行われていることが判明。

・一括払いの領収書などは一切発行されていなかった。


このときの店員が、一括払いの料金10万円を着服したと考えられます。

この客なら、本体分割支払いを組み込んでもバレないだろう、と考えたのでしょう。

領収書は、購入時に何度催促しても発行してくれなかったそうです。最初から着服する意図があったと考えられます。


その店員は既に在籍しておらず、一括払いの証拠もないため、泣き寝入りになったとのこと。結局、一括払いと、2年での分割払い、スマホ2台ぶんを支払ったことになります。


教訓は、

・お金のやり取りについての証拠は断固としてもらっておく。

・ひとりで買いに行かない。

・毎月の請求明細をしっかりチェックし、内容を理解する。

といったところでしょうか。


被害にあったこの方も、スマホ周辺の知識も得た今だったらこんな目に遭わなかったのに、

と悔やんでおられます。


シニアのかたは、「自分はよく理解できないから」という意識を引け目に感じ、

不明点があっても、「まあいいか」と考えがちです。

そして、そこにつけ込んでくる者がいるものです。


このかたは、1年後くらいに(毎月、本体料金が分割引き落とされていることに)気づいたそうですが、もしかしたら、同様の手口に気づかず、支払い続けている人がいるかもしれませんね。






5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

不要なオプション契約を解約せよ!

本日は少人数制の有料講習でスマホ料金の見直しをテーマに話をしました。 まずは参加者の契約内容を確認。 データ通信量を使った分だけ払う、ドコモの「ギガライト」、ソフトバンクの「ミニフィット」といったプランに入っている方が目立ちました。 携帯大手のプランという意味では、選択肢としては間違っていないと思いますが、使用したデータ通信量が月に1GB以下でも3500円近く支払うもので、ユーザー視点ではちょっと